HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

201試験の例題と解説

200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

今回は201試験の試験範囲から、「200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング>
重要度 6

<説明>
ハードウェアリソースとネットワーク帯域幅の使用率を測定でき、リソースの問題を解決できること。

<主要な知識範囲>
・CPU使用率を測定する
・メモリ使用量を測定する
・ディスクI/Oを測定する
・ネットワークI/Oを測定する
・ファイアウォール機能とルーティングスループットを測定する
・クライアントの帯域幅使用率をマップする
・システムトラブルの徴候と発生しそうな問題の突き合わせ / 関連付けを行う
・ネットワーキングを含むシステムにおいてスループットを推定し、ボトルネックを見つけ出す

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・iostat
・vmstat
・netstat
・pstree, ps
・w
・lsof
・top
・uptime
・sar
・swap
・processes blocked on I/O
・blocks in
・blocks out

■例題

load averageを表すものとして正しいものを選びなさい。

1. ディスクI/O要求がある間のCPUのアイドル時間
2. メインメモリのトータルサイズに対するメモリの使用量
3. 実行中のプログラムがCPUの処理時間を占有している割合
4. 1CPUにおける単位時間当たりの実行中または実行待ちプロセスの数

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4. 1CPUにおける単位時間当たりの実行中または実行待ちプロセスの数」です。

ロードアベレージは、uptimeコマンド、topコマンドなどで確認することができます。
一般的にCPU数以下だとサーバの負荷が小さい状況といえます。

「1. ディスクI/O要求がある間のCPUのアイドル時間」は、
iowait(I/O待ち)のことです。sarコマンド、iostatコマンドなどで確認することができます。
iowaitが高くなっていると、ディスクの読み書きが多く発生していることが確認でき、ディスクへの負荷を測定する1つの指標となります。

「2. メインメモリのトータルサイズに対するメモリの使用量」は、
メモリ使用率のことです。freeコマンド、topコマンドなどからメモリのトータルサイズ、使用されているサイズを取得し、計算することができます。
実メモリが不足した場合、アクセス数の少ないメモリ上のデータは、スワップ領域に一時的に退避(スワップアウト)されるようになります。
スワップ領域からメモリにデータを書き戻すことをスワップインと呼び、スワップアウトとスワップインが頻繁に発生する状況になるとパフォーマンスは低下します。

「3. 実行中のプログラムがCPUの処理時間を占有している割合」は、
CPU使用率のことです。topコマンド、sarコマンドなどで確認することができます。
sarコマンドでCPU使用率を調べた場合、%userがアプリケーションのCPU使用率、%systemがシステム(カーネル)の処理のCPU使用率を表します。
sarコマンドからアプリケーションとシステム(カーネル)のどちらが多くCPUを使用しているかtopコマンドで実際にCPU使用率が高いプログラム名を調べることができます。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ