HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1 Linuxファイルシステムを操作する

今回は201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.1 Linuxファイルシステムを操作する>
重要度 4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・ファイルシステムを特定しマウントするための UUID の使用

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・blkid
・sync
・swapon
・swapoff

■例題
/etc/fstabのデバイス名の項目に指定できるものの説明として正しいものを選びなさい。

1. swapを指定する
2. UUIDを指定する
3. マウントポイントを指定する
4. NFSを指定する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. UUIDを指定する」です。

ファイルシステムをマウントする際、UUIDをデバイス名の項目に指定できます。
他にもラベル名なども指定できます。

swapはファイルシステムのため、デバイス名には指定できません。そのため、「1. swapを指定する」は誤りです。
マウントポイントは、マウント先のディレクトリです。デバイス名とは異なるため、「3. マウントポイントを指定する」は誤りです。
NFSをマウントする際は、NFSサーバのホスト名またはIPアドレスとエクスポートされているディレクトリを指定します。そのため、「4. NFSを指定する」も誤りです。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ