HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 SysV-initシステムの起動をカスタ マイズする

201試験の例題と解説

202.1 SysV-initシステムの起動をカスタ マイズする

今回は、201試験の試験範囲から「202.1 SysV-initシステムの起動をカスタマイズする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 SysV-initシステムの起動をカスタマイズする>
重要度 3

<説明>
さまざまなランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
initの構造とブートプロセスについての完全な理解が必要。
これには、ランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・Linux Standard Base Specification (LSB)
・SysV initの環境

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・chkconfig
・update-rc.d
・init and telinit


■例題
Red Hat系とDebian系のランレベルの違いとして誤ったものを選びなさい。

1.ランレベル1はRed Hat系とDebian系、共にシングルユーザーモードである
2.Red Hat系ではランレベル4は使用されていない
3.Red Hat系でのランレベル5は、マルチユーザーテキストモードである
4.ランレベル6はRed Hat系とDebian系、共に再起動である

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3.Red Hat系でのランレベル5は、マルチユーザーテキストモードである」です。

initプロセスは、Linuxカーネルの起動後、一番最初に起動されるプロセスです。
ランレベル1はRed Hat系とDebian系、共にシングルユーザーモードであるため、「1.ランレベル1はRed Hat系とDebian系、共にシングルユーザーモードである」は正しいです。

また、Red Hat系ではランレベル4は使用されていないため、「2.Red Hat系ではランレベル4は使用されていない」も正しいです。

Red Hat系でのランレベル5は、マルチユーザーグラフィカルモードであるため、
「3.Red Hat系でのランレベル5は、マルチユーザーテキストモードである」が誤りとなります。

マルチユーザーテキストモードであるのは、Red Hat系でのランレベル3になります。
ランレベル6はRed Hat系とDebian系、共に再起動であるため、「4.ランレベル6はRed Hat系とDebian系、共に再起動である」
も正しい選択肢となります。



◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ