HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

201試験の例題と解説

200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

今回は201試験の試験範囲から「200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング>
重要度 6

<説明>
ハードウェアリソースとネットワーク帯域幅の使用率を測定でき、リソースの問題を解決できること。

<主要な知識範囲>
・CPU使用率を測定する
・メモリ使用量を測定する
・ディスクI/Oを測定する
・ネットワークI/Oを測定する
・ファイアウォール機能とルーティングスループットを測定する
・クライアントの帯域幅使用率をマップする
・システムトラブルの徴候と発生しそうな問題の突き合わせ / 関連付けを行う
・ネットワーキングを含むシステムにおいてスループットを推定し、ボトルネックを見つけ出す

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・iostat
・vmstat
・netstat
・pstree, ps
・w
・lsof
・top
・uptime
・sar
・swap
・processes blocked on I/O
・blocks in
・blocks out

■例題

システムのCPU使用率の調べ方の説明として正しくないものを選びなさい。

1. vmstatコマンドを使用し、確認をする。
2. topコマンドを使用し、確認をする。
3. freeコマンドを使用し、確認をする。
4. iostatコマンドを使用し、確認をする。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. freeコマンドを使用し、確認をする。」です。 freeコマンドでは、CPUではなく、メモリの使用状況を確認することができます。

「1. vmstatコマンドを使用し、確認をする。」は、
vmstatコマンドを実行し、「us」「sy」「id」の割合を確認することで、CPU使用率を確認することができます。
また、引数に秒単位で時間間隔を指定すると、指定した時間ごとにシステムの状況が表示されます。
時間間隔を指定することで、CPUの状況変化を適時、確認することができます。

「2. topコマンドを使用し、確認をする。」は、
topコマンドを使用すると、現在のシステムの稼動状況を表示することができ、CPUの利用時間の割合をプロセスの種類ごとに確認できます。「%CPU」の項目でCPU使用率も確認することができます。

「4. iostatコマンドを使用し、確認をする。」は、
iostatコマンドを使用した場合、出力される「%user」「%nice」「%sys」「%idle」「%iowait」「%steal」の値を確認することでCPUの使用状況を確認することができます。
引数に「-c」を指定した場合、CPUの状況のみ出力させることも可能です。また、vmstatコマンド同様、引数に秒単位で時間間隔を指定すると、指定した時間ごとにシステムの状況が表示されます。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ