HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.2 バックアップ操作

201試験の例題と解説

206.2 バックアップ操作

今回は201試験の試験範囲から「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度 3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて知っている
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/bin/sh
・dd
・tar
・/dev/st* and /dev/nst*
・mt
・rsync


■例題
バックアップに使用できるコマンドの説明として間違っているものを選びなさい。

1. ddコマンドはファイル単位のバックアップを行うことができる
2. tarコマンドはテープへのバックアップを行うことができる
3. mtコマンドでテープの操作を行うことができる
4. rsyncコマンドはネットワーク経由でバックアップを行うことができる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. ddコマンドはファイル単位のバックアップを行うことができる です。

簡単なバックアップを取るのであれば、Linuxで標準的に用意されているコマンドを使うことができます。

ddコマンドは、デバイスをブロック単位でコピーすることができるコマンドです。パーティション全体をバックアップしたりするのに向いているバックアップ方法です。そのため、ファイルを1個ずつ個別にバックアップする用途には使用できません。

tarコマンドは、テープアーカイバという名前が由来であるとおり、テープへのバックアップ(アーカイブ)を行うためのコマンドです。テープバックアップは、テープを物理的に隔離しやすいため、バックアップを安全に保管したい要求に向いています。テープの巻き戻しなどの操作はmtコマンドを使って行うことができます。

rsyncコマンドは、ファイルを2つのホスト間で同期させることができるコマンドです。そのため、たとえばWebコンテンツなどを別の場所に保管しておきたい、あるいは複製したいなどの目的に適しています。ネットワーク経由でも同期させることができるので、遠隔地バックアップの用途にも適しているといえます。

それぞれのコマンドの特性を理解して、バックアップの目的に応じて選択するとよいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ