HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

201試験の例題と解説

206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

今回は201試験の試験範囲から「206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする>
重要度 2

<説明>
ソースから実行プログラムをビルドしてインストールする。
これには、ソースファイルの展開も含まれる。

<主要な知識範囲>
・一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用して、ソースコードを展開する
・プログラムをコンパイルするmakeの実行について基本を理解する
・configureスクリプトにパラメーターを適用する
・デフォルトでソースがどこに格納されるかを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/
・gunzip
・gzip
・bzip2
・tar
・configure
・make
・uname
・install
・patch


■例題

makeコマンドの説明として間違っているものを選びなさい。

1. makeコマンドを使うことで、ビルドに必要な作業が自動的に行える
2. makeコマンドはMakefileの指示に従ってビルド作業を行う
3. configureスクリプトを実行して、環境に合わせたMakefileを作成する
4. ビルドを最初からやり直したい時にはconfigureスクリプトを再度実行する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. ビルドを最初からやり直したい時にはconfigureスクリプトを再度実行する です。

ソースコードをコンパイルし、実行プログラムを生成し、必要なファイルをインストールするまでの作業は、複数のコマンドが様々な処理が必要です。makeコマンドは必要な一連の処理を自動的に実行することができる、ビルド作業を自動化するためのコマンドです。

makeコマンドは、Makefileの内容に従ってコンパイルなどを行います。
Makefileはconfigureコマンドを実行することで動的に生成されます。configureスクリプトはビルド作業に必要となるコマンドやライブラリをチェックしたり、CPUの種類を確認してコンパイル時の最適化を図るなどの処理を事前に行います。最終的にビルドされるソフトウェアに特定の機能を追加、削除したい時には、configureスクリプトをオプション付きで実行する必要がある場合もあります。

makeコマンドは、コンパイル後のオブジェクトファイルとソースコードのタイムスタンプを比較して、ソースコードが新しくなっているもののみをコンパイルし直す機能を持っているので、ソースコードにパッチを当ててバージョンアップした際のビルド作業を最小にすることができます。もし、ビルド作業を最初からやり直したい場合、make cleanコマンドを実行するとコンパイル済みのオブジェクトファイルをすべて削除できるので、最初からビルドを行うことができます。

configureスクリプトを再実行してMakefileが変更されたとしても、コンパイル済みのオブジェクトファイルは残されたままとなるため、ビルド作業の完全なやり直しにはならない点に注意が必要です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ