HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.1 RAIDを構成する

201試験の例題と解説

204.1 RAIDを構成する

今回は201試験の試験範囲から「204.1 RAIDを構成する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.1 RAIDを構成する>
重要度 3

<説明>
ソフトウェアRAIDの設定と実装をする。これには、RAID 0、1、5の構成も含まれる。

<主要な知識範囲>
・ソフトウェアRAIDの設定ファイルとユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・mdadm.conf
・mdadm
・/proc/mdstat
・partition type 0xFD


■例題
ソフトウェアRAIDの説明として間違っているものを選びなさい。

1. ソフトウェアRAIDを使うことでハードウェアRAIDコントローラー無しでRAIDを構成できる
2. ソフトウェアRAIDを構成したいパーティションはパーティションIDを変更する必要がある
3. ソフトウェアRAIDの構成はmdadmコマンドを使って行う
4. mdadmコマンドを実行するとmdadm.confが自動的に更新される

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. mdadmコマンドを実行するとmdadm.confが自動的に更新されるです。

LinuxカーネルはソフトウェアRAIDの機能を備えています。ハードウェアRAIDコントローラー無しでRAIDを構成できるので、コストを安く抑えつつ、ディスクを高速にしたり、データの安全性を確保したり、大きな容量のディスク領域を作ったりすることができます。

ソフトウェアRAIDはmdadmコマンドを使って構成を行います。あらかじめ、ソフトウェアRAIDに組み込みたいパーティションのパーティションIDを変更しておきます。通常のパーティションのパーティションIDは0x83ですが、ソフトウェアRAIDの場合には0xFDにしておきます。パーティションIDはfdiskコマンドなどのパーティション管理ツールで変更できます。

ソフトウェアRAID機能やmdadmコマンドなどは設定情報として/etc/mdadm.confを参照します。mdadm.confの作成は以下のコマンドで行うことができます。

# mdadm --detail --scan > /etc/mdadm.conf

ただし、出力形式がシステムにとって適切でない場合もあるので、作成後に適宜修正が必要な場合もあります。

ソフトウェアRAIDの運用はやや癖がありますので、事前に障害対応のための手順など、実際に試してみて、ハードディスクが壊れた時に対処できるようにしておく必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ