HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

201試験の例題と解説

203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

今回は201試験の試験範囲から「203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する>
重要度 2

<説明>
AutoFSを使用して、ファイルシステムのオートマウント設定をする。これには、ネットワーク上およびデバイス上のファイルシステムに対するオートマウントの設定が含まれる。また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムの作成および暗号化されたファイルシステムの基本的な機能に関する知識も含まれる。

<主要な知識範囲>
・autofsの設定ファイル
・UDFおよびISO9660のツールとユーティリティ
・CD-ROM filesystems (UDF, ISO9660, HFS)について知っている
・CD-ROM filesystem extensions (Joliet, Rock Ridge, El Torito)について知っている
・暗号化ファイルシステムの基本機能

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/auto.master
・/etc/auto.[dir]
・mkisofs


■例題

autofsの説明として間違っているものを選びなさい。

1. autofsはアクセス時に自動的にマウントを行う仕組みである
2. autofsで自動マウントを行うには/etc/fstabにautoオプションを指定する
3. autofsのマウントポイントが存在しない場合には自動的に作成される
4. 一定時間アクセスがないと自動マウントは自動的にアンマウントされる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. autofsで自動マウントを行うには/etc/fstabにautoオプションを指定する です。

autofsは、指定したマウントポイントにアクセスが発生した時に、自動的にマウントを行う仕組みです。

指定されたマウントポイントは、存在しない場合にはバックグラウンドで動作するautomountプロセスが自動的にディレクトリを作成し、一定時間アクセスが無いと自動的にアンマウントされます。自動的に作成されたディレクトリはautomountプロセス終了時に削除されます。

autofsのマウントポイント等の設定は、/etc/auto.masterに記述されます。
/etc/fstabにautoオプションを記述した時には、起動プロセスにおいて自動的にマウントされるので、違いに注意しましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ