HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.2 Linuxファイルシステムの保守

201試験の例題と解説

203.2 Linuxファイルシステムの保守

今回は201試験の試験範囲から「203.2 Linuxファイルシステムの保守」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.2 Linuxファイルシステムの保守>
重要度 3

<説明>
システムユーティリティを使用して、Linuxファイルシステムを適切に保守する。これには、標準的なファイルシステムの操作およびSMARTデバイスの監視が含まれる。

<主要な知識範囲>
・ext2、ext3およびext4を操作するツールとユーティリティ
・xfs を操作するツールとユーティリティ
・Btrfsを知っている Awareness of Btrfs

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・fsck (fsck.*)
・mkfs (mkfs.*)
・dumpe2fs, xfsdump, xfsrestore
・debugfs
・tune2fs
・mkswap
・xfs_info, xfs_check and xfs_repair
・smartd, smartctl


■例題
SMARTの説明として間違っているものを選びなさい。

1. SMARTは、ハードディスクの障害を予測、検知する仕組みである
2. HDD内部でのエラー発生率などがしきい値を超えるとSMARTエラーとなる
3. smartdはハードディスクのSMART情報を監視し、通知する役割を担う
4. smartctlコマンドを使うとSMARTのしきい値を変更することができる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. smartctlコマンドを使うとSMARTのしきい値を変更することができる です。

ハードディスクは正常に動作しているように見えても、内部的には読み書きのエラーや、場合によっては記憶領域が部分的に使用できなくなるなど、細かいエラーが発生しています。

読み書きエラーの場合には再度読み書きを行うことで、エラーを回避することができます。部分的な使用不可の場合には、代替セクターと呼ばれる予備領域を利用することでデータを保全することができます。

しかし、エラーの頻度が非常に多かったり、代替セクターを使い切ってしまうと、データの保全が難しくなるため、SMARTがエラーを出して管理者に対してハードディスク交換などの対処が必要であることを伝えるわけです。

smartdは、Linuxのバックグラウンドで動作してハードディスクのSMART情報を監視し、SMARTエラーを検知すると管理者に通知する仕組みを提供します。
また、smartctlコマンドを使うと、ハードディスク内部のSMART情報を検知したり、ハードディスクのテストなどを行うことができます。SMARTの動作はハードディスク内部で行われているため、基本的に外部からしきい値の変更などを行うことはできません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ