HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1Linuxファイルシステムを操作する

今回は201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<203.1 Linuxファイルシステムを操作する>
重要度 4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・ファイルシステムを特定しマウントするための UUID の使用

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・blkid
・sync
・swapon
・swapoff


■例題
Linuxのファイルシステムの説明として間違っているものを選びなさい。

1. /etc/fstabはシステム起動時に読み込まれ、自動的にマウントを行う
2. /etc/fstabのマウント元はデバイス名やラベル名、UUIDなどで記述できる
3. /etc/mtabはネットワークマウントを行いたいマウント情報を記述する
4. マウントを行うと、マウントポイント以下の既存ファイルは読めなくなる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /etc/mtabはネットワークマウントを行いたいマウント情報を記述する です。

Linuxのファイルシステムは、いくつかのファイルシステムを/(ルート)ディレクトリ以下にマウントし、ディレクトリツリーを構成する必要があります。

システム起動時に、必要なデバイスを自動的にマウントできるようにするためには、/etc/fstabにマウントに関する情報を記載しておきます。

/etc/fstabの書式は、左から順番に以下の情報を1行に記述します。

・マウント元
・マウントポイント(マウント先)
・ファイルシステム種別
・マウントオプション
・dumpコマンドの対象にするか
・起動時のfsckの対象にするか

マウント元は、デバイス名の他に、e2labelコマンドでつけたラベル名やUUIDでの記述など、いくつかの記述方法があります。記述の仕方によっては、思った通りにマウントされない場合があるので、必要に応じて変更を行う必要があるでしょう。

ネットワークマウントも/etc/fstabに記述することができます。その場合、マウント元をネットワークマウント用にホスト名やIPアドレスなどを含めた形で記述し、ファイルシステム種別をNFSなど使用するプロトコルに合わせて記述します。

/etc/mtabファイルには、現在マウントされているファイルシステムが記述されています。

ファイルシステムのマウントは、マウントポイントとして指定されたディレクトリ以下に既に存在するファイルなどが読めなくなります。手動でマウントした場合などには、注意が必要です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ