HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.2 システムのリカバリ

201試験の例題と解説

202.2 システムのリカバリ

今回は201試験の試験範囲から「202.2 システムのリカバリ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.2 システムのリカバリ>
重要度 4

<説明>
ブートプロセスの最中またはリカバリモードでのLinuxシステムを適切に操作する。これには、initユーティリティおよびカーネルの init関連オプションの使用も含まれる。ブートローダのロードおよび使用に関するエラーの原因を特定する。関連するブートローダはGRUB バージョン2 とGRUB Legacyである。

<主要な知識範囲>
・GRUBバージョン2 およびGRUB Legacy
・grub shell
・ブートローダの開始とカーネルへの引継ぎ
・カーネルのロード
・ハードウェアの初期化と設定
・デーモン / サービスの初期化と設定
・ハードディスクまたはリムーバルデバイスにおける、ブートローダのさまざまなインストール場所を知っている
・ブートローダの標準的なオプションの変更とブートローダのシェルの使用
・UEFIについて知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・mount
・fsck
・inittab, telinit and init with SysV init
・The contents of /boot/ and /boot/grub/
・GRUB
・grub-install
・initrd, initramfs
・Master boot record


■例題
システムリカバリの説明として間違っているものを選びなさい。

1. GRUBのパラメータでシングルユーザーモード起動を指定した
2. 起動時のfsckコマンドの実行でファイルシステムの不具合を修正した
3. ブートローダーでシステム起動に使用するカーネルを変更した
4. UEFIはMBRを拡張して大容量ハードディスクに対応したものである

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. UEFIはMBRを拡張して大容量ハードディスクに対応したものである です。

システムが起動しないトラブルが発生した場合、システム起動のプロセスの中で各種対策を行うことでトラブルを解説する必要があります。

一番基本的な作業となるのが、シングルユーザーモードで起動し、rootユーザーとして各種システムメンテナンスを行う方法です。ブートローダーにGRUBを使用している場合、起動時にカーネルパラメータとして「single」、または「1」を末尾に追加することでシングルユーザーモードで起動します。

トラブルとして多いのは、電源断などで強制終了し、ファイルシステムに障害が発生した場合です。不正終了の後の再起動ではfsckコマンドが実行され、ファイルシステムの不整合を検知し、可能な限り修正を行います。ext3ファイルシステムなどはジャーナリング機能を搭載しているので、fsckコマンドはジャーナル情報に基づいて不整合が発生している可能性が高い部分のみチェックを行います。

注意すべきは、ジャーナル情報はあくまでファイルの書き込みについての情報を保持しているので、障害から100%データを保護してくれるわけではありません。特にディスクコントローラーのキャッシュなどにだけ書き込まれたデータが消失した場合にはハードディスク上のデータが破損する可能性が高くなるので、ジャーナリングはあくまでチェックすべき箇所を少なくして、fsckコマンドの実行を高速にする仕組みと理解しておいた方が安全でしょう。

カーネルのアップデートに伴って、システム起動が正常に行えなくなるケースも存在します。Linuxのシステムではカーネルを複数インストールし、ブートローダーで起動時に使用するカーネルを変更することもできるので、カーネルに問題があると考えられる場合には、正常に起動が行えていた古いカーネルで起動してみるのも、トラブル解決のための問題点の切り分けには有効です。

UEFIはBIOSにかわるハードウェア側の初期化を行う仕組みです。一部のハードウェアではUEFIを使ってシステム起動を行う場合があります。UEFIではBIOSとMBRを使ったブートとは仕組みが異なっているので、確認しておくとよいでしょう。

○参考:UEFI ベースの x86 システムでの GRUB とブートプロセス
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/s2-grub-whatis-booting-uefi.html

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ