HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説201.1 カーネルの構成要素

201試験の例題と解説

201.1 カーネルの構成要素

今回は201試験の試験範囲から「201.1 カーネルの構成要素」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<201.1 カーネルの構成要素>
重要度 2

<説明>
特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、およびさまざまな要求に必要となるカーネルの構成要素を利用する。これには、異なる種類のカーネルイメージを実装すること、安定版および開発版のカーネルとパッチを区別すること、カーネルモジュールを利用することなども含まれる。

<主要な知識範囲>
・Kernel 2.6.x のドキュメント
・Kernel 3.x のドキュメント

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/linux
・/usr/src/linux/Documentation
・zImage
・bzImage


■例題
Linuxカーネルの説明として正しいものを選びなさい。

1. Linuxカーネルは各種モジュールを備えたマイクロカーネルである
2. デバイスドライバはモジュールとして提供される
3. すべてのモジュールはいつでも自由にロード、アンロードが行える
4. 様々なハードウェアに対応するには、すべてのモジュールをカーネルに組み込む

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. デバイスドライバはモジュールとして提供される です。

Linuxは、設計的にはモノリシックカーネルと呼ばれる、OSとしての機能を一つのカーネル空間で実行します。しかし、実装としては各種デバイスに対応するためのデバイスドライバや様々な機能を「モジュール」という単位で扱う事ができるようになっている、いわゆる「プラグイン」の仕組みを持っています。

モジュールは、必要に応じてロード、アンロードすることができますが、システムが使用しているモジュールはアンロードすることができません。たとえば、モジュールは相互に依存関係を持っている事があり、他のモジュールから依存されているモジュールはアンロードすることはできません。先に依存しているモジュールをアンロードし、それから依存されていたモジュールをアンロードする必要があります。
ロードする時にはmodprobeコマンドを使って依存関係を自動的に解決できますが、アンロード時には順番があることを覚えておきましょう。

モジュールは、必要な時にロードすることができるので、最初からすべてのモジュールをカーネル本体に組み込む必要はありません。カーネルに組み込まれていない機能を使うには、起動時には起動RAMディスクから、起動後はハードディスク等からモジュールを読み込むことになります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ