HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説200.2 将来のリソース需要を予測する

201試験の例題と解説

200.2 将来のリソース需要を予測する

今回は201試験の試験範囲から「200.2 将来のリソース需要を予測する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<200.2 将来のリソース需要を予測する>
重要度 2

<説明>
リソース使用率を監視して、将来のリソース需要を予測できること。

<主要な知識範囲>
・collectdを使用してITインフラの使用を監視する
・システム構成でのキャパシティの限界点を予測する
・リソース使用量の増加率を観察する
・リソース使用量の傾向をグラフ化する
・Nagios、MRTG、Cacti といった監視ツールを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・診断
・増加率予測
・リソース消費


■例題
リソース需要の予測として間違っているものを選びなさい。

1. リソースキャパシティの限界は100%よりも少なめに見積もっておく
2. 日常的なリソース使用量の監視を行い、増加率を求める
3. リソース使用量を監視するためにNagiosなどの監視ツールを利用する
4. collectdを利用する事でリソース需要の予測が行える

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 答えは 4. collectdを利用する事でリソース需要の予測が行える です。

システムリソースのキャパシティは、システムの設計段階にある程度需要増加を予測しておくものですが、システムが稼働するに従って増加率が変化して不足する場合があります。日常的にリソース使用量を監視し、増加率から将来のリソース需要を予測する必要があるでしょう。

用意したリソースのキャパシティの限界は、単純に100%まで使い切れると考えていると思わぬリソース不足を招くことがあります。たとえば、メモリが不足した事によってスワップアウトが発生し、ディスクI/Oが大量に発生する事で大幅に性能が劣化することがあります。このような事態を招かないようにするためにも、メモリリソースのキャパシティ限界は、搭載しているメモリ容量の100%よりも少なめに見積もっておき、常に余裕がある状態を作っておくような工夫が必要です。

日常的にリソース使用量の監視を行うには、NagiosやMRTGなどの監視ツールの利用が必要となります。また、collectdのようなLinux上で動作するツールを使う方法もあります。collectdはリソース使用の状況によってメールを飛ばすなどの機能があるので、リソース不足に起因するシステムトラブルを防ぐために有効活用できるでしょう。これらのツールが自動的にリソース需要の予測を行ってくれるわけではないので、リソース使用の増加率やシステムの性質、今後の見通しなどを踏まえて、リソース需要を予測する必要があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ