HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.2 バックアップ操作

201試験の例題と解説

206.2 バックアップ操作

今回は201試験の試験範囲から「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度     3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて把握している
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/bin/sh
・cpio
・dd
・tar
・/dev/st*および/dev/nst*
・mt
・rsync


■例題
バックアップの説明として間違っているものを選びなさい。

1. バックアップはすべてのディレクトリを対象にする必要がある
2. ネットワーク速度が遅いとネットワークバックアップにかかる時間は増加する
3. テープメディアは大容量だが、シーケンシャルアクセスなので細かいファイルの復元にはあまり向かない
4. 定期的にバックアップの復元テストを行うべきである

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. バックアップはすべてのディレクトリを対象にする必要がある です。

システムで使用しているファイルシステムやハードディスクなどは稼働中に壊れる可能性があるので、重要なシステムを復元可能なようにバックアップをしっかりと行っておく必要があります。

バックアップの対象は、そのシステムの性質によって異なります。比較的簡単にシステムを再インストールすることができるなら、バックアップはデータや設定ファイルのみ行えば良いことになります。構築が難しいシステムの場合には、ルートディレクトリ以下のディレクトリをバックアップしておく必要があるでしょう。ただし、/procディレクトリのような仮想ディレクトリはバックアップ対象から外しておきます。dumpコマンドを使ってバックアップを取る場合には、/etc/fstabファイルに対象にするかどうかが記述されています。

○/etc/fstabの例
/dev/sda2               /                       ext3    defaults        1 1
none                    /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
none                    /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
none                    /proc                   proc    defaults        0 0
none                    /sys                    sysfs   defaults        0 0
/dev/sda1               swap                    swap    defaults        0 0

右から2つめの値がdumpコマンドの適用可否を指定しています。


いくつかのバックアップツールはネットワークを経由したバックアップをサポートしていますが、遠隔地からのバックアップなどの場合、ネットワーク速度が遅いとバックアップにかかる時間が長くなるので注意しましょう。

テープメディアは大容量のバックアップメディアですが、読み書きはハードディスクなどと異なりシーケンシャルです。テープの末尾に近いファイルを復元する場合などにはかなりの量のテープを送らねばならないため、素早くファイルを取り出す必要がある場合には、CDやDVD、ハードディスクなどにバックアップを保存しておく方がよいでしょう。

バックアップは、復元できなければ意味がありません。設定当初は正常に復元できても、システムに変更が加わっていくうちに復元できなくなったり、復元作業が行える担当者がいなくなってしまうような事態もあり得ます。定期的に復元テストを行うように運用手順を定めておくべきでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ