HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説205.4 システム関連の問題をユーザに通知する

201試験の例題と解説

205.4 システム関連の問題をユーザに通知する

今回は201試験の試験範囲から「205.4 システム関連の問題をユーザに通知する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<205.4 システム関連の問題をユーザに通知する>
重要度 1

<説明>
現在発生しているシステム関連の問題についてユーザに通知する。

<主要な知識範囲>
    ログオンメッセージを使用してユーザへの通知を自動的に行う
    アクティブなユーザにシステムの保守を通知する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
    /etc/issue
    /etc/issue.net
    /etc/motd
    wall
    /sbin/shutdown


■例題
ユーザへの通知の説明として間違っているものを選びなさい。

1. /etc/issueに記述した内容がコンソールログイン後に表示される
2. /etc/issue.netに記述した内容が表示されるのはリモート接続の場合である
3. wallコマンドですべてのログインユーザのコンソールにメッセージを表示できる
4. /etc/shutdownコマンドはログインユーザに送信するメッセージを変更できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. /etc/issueに記述した内容がコンソールログイン後に表示される です。

ユーザへの通知は、複数のユーザでサーバをメンテしているような場合に使用されます。

ログイン時に通知を行うのが、注意を惹くという点では有効な手段です。
/etc/issueに記述した内容がログイン前のコンソールに表示されるので、メンテナンスの予定などを記述しておくとよいでしょう。telnetやSSHなど、リモートで接続した場合に表示されるのは/etc/issue.netの方です。

○/etc/issueの内容を確認
$ cat /etc/issue
CentOS release 6.2 (Final)
Kernel \r on an \m

○ログイン前のコンソールの表示
$ cat /etc/issue
CentOS release 6.4 (Final)
Kernel 2.6.32-220.el6.i686 on an i686

centos login:


/etc/issueにある\rや\mはそれぞれカーネルのバージョンや使用しているアーキテクチャに置き換えられて表示されます。

ログイン後にメッセージを表示したい場合には、/etc/motdに記述された内容が表示されます。

○/etc/motdの内容を確認
$ cat /etc/motd
Hello!

○ログインした後の表示
Last login: Mon Sep  9 16:23:15 2013 from xxx.xxx.xxx.xxx
Hello
$

wallコマンドは、ログインしているすべてのユーザのコンソールにメッセージを表示します。緊急メッセージなどを送りたい場合に利用するとよいでしょう。shutdownコマンドも、送信するメッセージを指定することができるので、もし標準以外のメッセージを送りたい場合には活用するとよいでしょう。-kオプションで、シャットダウンをせずにメッセージだけ送ることもできます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ