HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.3 論理ボリュームマネージャ

201試験の例題と解説

204.3論理ボリュームマネージャ

今回は201試験の試験範囲から「204.3 論理ボリュームマネージャ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.3 論理ボリュームマネージャ>
重要度 3

<説明>
論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除を行う。これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。

<主要な知識範囲>
・LVMスイートのツール
・論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、  名前変更、作成および削除
・スナップショットの作成と維持
・ボリュームグループの有効化

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/pv*
・/sbin/lv*
・/sbin/vg*
・mount
・/dev/mapper/


■例題
LVMの説明として間違っているものを選びなさい。

1. 複数の物理ディスクを単一の論理ボリュームとして扱える
2. スナップショットを利用できる
3. 障害発生時の再起動を高速化できる
4. 論理ボリュームサイズを動的に変更できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. 障害発生時の再起動を高速化できる です。

LVMは、物理ディスクを論理ボリュームとして扱えるようにする仕組みです。論理ボリュームは、1つ以上の物理ディスクから構成されるので、物理ディスクが複数あっても単一の論理ボリュームとして扱うことができます。

似たような仕組みとしてRAIDがありますが、RAIDディスクをLVMの物理ディスクとして構成することができます。

LVMの特徴として、ある時点でのボリュームの状態を固定できるスナップショット機能や、論理ボリュームサイズを動的に変更することができます。

障害発生時の再起動を高速化する手法として、ジャーナリングファイルシステムの利用がありますが、ファイルシステムはLVMではない場合にも利用できます。

LVMは物理ディスクを柔軟に扱えるようにし、様々な機能を付加します。しっかりと使用方法を確認して、必要に応じて上手に利用したい仕組みです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ