HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する

201試験の例題と解説

204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する

今回は201試験の試験範囲から「204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する>
重要度 1

<説明>
各種ドライブをサポートするようカーネルオプションを設定する。これには、ハードディスク設定を表示および変更するソフトウェアツールが含まれる。

<主要な知識範囲>
・ATAPIおよびSATAを含むIDEデバイス用にDMAを設定するツールとユーティリティ
・システムリソース(割り込みなど)を操作または分析するツールとユーティリティ
・sdparmコマンドとその利用法

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・hdparm
・sdparm
・tune2fs
・sysctl
・/dev/hd*および/dev/sd*


■例題
ディスク/dev/sdaへのアクセスのI/Oスケジューラーを確認するファイルを選びなさい。

1. /sys/block/sda/scheduler
2. /sys/block/sda/queue/scheduler
3. /sys/dev/sda/queue/scheduler
4. /sys/dev/sda/scheduler

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. /sys/block/sda/queue/scheduler です。

ディスクへのアクセスをどのように処理するのかを設定しているのがI/Oスケジューラーです。設定の状態は/sys/block/sda/queue/schedulerを参照することで確認できます。また、設定はsysctlコマンドなどを使用して行うことができます。

○/sys/block/sda/queue/schedulerの参照
# cat /sys/block/sda/queue/scheduler
noop anticipatory deadline [cfq]


I/Oスケジューラーが4つあり、CFQが選択されているのが分かります。
それぞれのスケジューラーは、以下のような特性があります。

・NOOP
特にスケジューリングを行わない

・ANTICIPATORY
予測I/Oを行う。ハードディスクなどでI/Oが高速になる場合がある。

・DEADLINE
I/O要求に期限(デッドライン)を設定し、期限切れになると優先的にスケジュールする。データベースなどの処理や、SSDなどのデバイスでI/Oが高速になる場合がある。

・CFQ (Completely Fair Queuing)
できるだけ公平に動作するようにスケジュールする


ディスクI/O高速化によりシステム性能を向上させたい場合には、I/Oスケジューラーを変更してみることでのチューニングを検討してみましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ