HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.4 udevでのデバイス管理

201試験の例題と解説

203.4udevでのデバイス管理

今回は201試験の試験範囲から「203.4 udevでのデバイス管理」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.4 udevでのデバイス管理>
重要度 1

<説明>
udevを使用した、デバイスの検知と管理について理解する。これには、udevルールのトラブルシューティングが含まれる。

<主要な知識範囲>
・udevルール
・カーネルのインターフェイス

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・udevmonitor
・/etc/udev


■例題
udevの説明として間違っているものを選びなさい。

1. udevの仕組みの主な目的は、デバイスのデバイス名を固定することです。
2. デバイスはudevルールに従ってデバイス名が決定されます。
3. udevルールが存在しないデバイスはデバイス名が割り当てられません。
4. ネットワークインターフェースはMACアドレスでudevルールを適用します。

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. udevルールが存在しないデバイスはデバイス名が割り当てられません。 です。

devはデバイス名を固定することを主な目的としたLinuxカーネルの仕組みです。udevが無いLinuxシステムの場合、デバイス名は認識された順番などに応じてデバイス名が割り当てられてしまう場合があり、想定していない動をすることがあります。たとえば、ネットワークインターフェースを増設することで「eth0」「eth1」といったデバイス名が変わってしまう(デバイス番号がずれてしまう)ことがあります。また、ディスクを増設することで「dev/sda1」「/devsdb1」といったディスクのデバイス名が変わってしまう場合もあります。

udevを利用すると、ハードウェアを一意に識別し、あらかじめ記述されたudevルールに従ってデバイス名を割り当てるようになります。udevルールが存在しない場合には、通常のルールに従ってデバイス名が割り当てられます。その場合、自動的にudevルールが作成される場合もありますが、動作はディストリビューションなどによって異なります。

逆に、固定されてしまったデバイス名を変更したい、あるいはデバイスを削除した場合にはudevルールの修正や削除が必要です。udevルールは/etc/udev/rules.d/ディレクトリなどにファイルとして格納されているので、必要に応じて修正、削除を行います。たとえばネットワークインターフェースを取り替えた場合にはMACアドレスを新しいものに修正するか、削除の上で再起動する(新しいudevルールが作成される)と良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ