HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1 Linuxファイルシステムを操作する

今回は201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.1 Linuxファイルシステムを操作する>
重要度 4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・UUIDの使用

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・sync
・swapon
・swapoff


■例題

UUIDの説明として間違っているものを1つ選びなさい。

1. 一意に識別するためのIDである
2. 32ビットで生成される
3. 乱数を使用して生成される
4. デバイスに対してUUIDが生成される

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 32ビットで生成される です。

UUIDは、システム上の様々なものを一意に識別するために生成される128ビットの値です。LinuxではディスクデバイスやネットワークインターフェースなどがUUIDで識別されます。

UUIDは乱数を基に生成される128ビットの値なので、重複する可能性はかなり低いと言えます。

たとえば、Linux上でディスクデバイスにUUIDが割り当てられている場合、/dev/disk/by-uuidディレクトリ以下などで確認することができます。

○UUID確認の例
$ pwd
/dev/disk/by-uuid
$ ls -l
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 11  4月  5 18:13 e23a2f45-ba72-4fc3-859d-af9e0319bd2d -> ../../sda1


ここでは、e23a2f45-ba72-4fc3-859d-af9e0319bd2dがデバイスに割り当てられたUUIDです。このUUIDを使って、/etc/fstabのマウント元デバイスを記述することでデバイスをマウントさせることができます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ