HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.2 システムを回復する

201試験の例題と解説

202.2 システムを回復する

今回は201試験の試験範囲から「202.2 システムを回復する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.2 システムを回復する>
重要度 4

<説明>
ブートプロセスの最中またはリカバリモードでのLinuxシステムを適切に操作する。これには、initユーティリティおよびカーネルのinit関連オプションの使用も含まれる。

<主要な知識範囲>
・inittab
・GRUB
・grub shell

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・init
・mount
・fsck
・telinit


■例題
起動時のシステム回復の説明として間違っているものを1つ選びなさい。

1. シングルユーザーモードで起動するとランレベル1で起動される
2. 障害が発生している/パーティションを読み書き可能な状態でマウントする
3. fsckを実行して、パーティションの障害を検出、修正する
4. レスキューモードで起動して障害から回復する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 障害が発生している/パーティションを読み書き可能な状態でマウントする です。

ディスクパーティションに何らかの障害が発生した時、Linuxシステム起動時にその障害が検出されれば可能な限り自動的にfsckが実行され、修復が行われます。

その障害が/(ルート)パーティションの場合、シングルユーザーモードで起動して、/パーティションは読み取り専用でマウントし、fsckを実行するか、インストールメディアを使ってレスキューモードで起動し、/パーティションに対してfsckを実行する必要があります。

システム修復は、必ず成功するとは限らないので、可能な限り事前にバックアップを行っておきましょう。また、修復前にddコマンドで修復対象のパーティションをダンプしておくなどの対策を行ってから、修復作業を行うのが望ましいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ