HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ

201試験の例題と解説

202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ

今回は201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ>
重要度 4

<説明>
さまざまなランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
initの構造とブートプロセスについての完全な理解が必要。これには、
ランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・LSB(Linux Standard Base Specification:Linux標準仕様)

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・chkconfig
・update-rc.d


■例題
chkconfigの説明として間違っているものを1つ選びなさい。

1. システム起動時に自動実行するシステムサービスの管理を行う
2. ランレベル毎に実行するサービスが管理されている
3. 対象にしたいサービス用スクリプトを/etc/init.dに置くだけで良い
4. 自動実行の設定を行うと、スクリプトへのシンボリックリンクが作成される

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. 対象にしたいサービス用スクリプトを/etc/init.dに置くだけで良い です。

chkconfigコマンドは、システム起動時に自動実行するシステムサービスを管理するコマンドです。ランレベル毎に管理されていますが、通常はCUIでの起動ならランレベル3、GUIでの起動ならランレベル5を見ておけばいいでしょう。

サービス起動のスクリプトは/etc/init.dディレクトリ以下に配置され、ランレベル毎に分けられたディレクトリ、たとえばランレベル3なら/etc/rc3.d(あるいは/etc/rc.d/rc3.d)ディレクトリ内からシンボリック
リンクが張られます。自動実行しないサービスにはシンボリックリンクを張らなければ良いので、ファイルの実体はそのままにサービスのON/OFFが簡単に行えるようになっています。

chkconfigコマンドで管理されるサービスは、/etc/init.dディレクトリにスクリプトを配置した後、chkconfig --addコマンドで管理対象にするよう指定する必要があります。スクリプトには、chkconfigコマンドが使用する管理情報を含めておく必要があります。

○/etc/init.d/httpdから抜粋
# cat /etc/init.d/httpd

#!/bin/bash
#
# httpd        Startup script for the Apache HTTP Server
#
# chkconfig: - 85 15
# description: Apache is a World Wide Web server.  It is used to serve \
#              HTML files and CGI.
# processname: httpd
# config: /etc/httpd/conf/httpd.conf
# config: /etc/sysconfig/httpd
# pidfile: /var/run/httpd.pid
(後略)

# chkconfigの行が設定行となり、85は実行する順番の重み付けになります。数字が大きいほど、後から実行されるようになります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ