HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.2 バックアップ操作

201試験の例題と解説

206.2バックアップ操作

今回は201試験の試験範囲から「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度 3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて把握している
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/bin/sh
・cpio
・dd
・tar
・/dev/st*および/dev/nst*
・mt
・rsync


■例題
バックアップについての説明として間違っているものを1つ選びなさい。

1. テープを利用すると、バックアップメディアを搬送しやすい
2. ディスクを利用すると、高速なバックアップを実現できる
3. CD-Rを利用すると、特殊なハードウェアでしか読み込めない
4. バックアップはデータの特性に合わせてスケジュールして実行する必要がある

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。


解答と解説

答えは 3. CD-Rを利用すると、特殊なハードウェアでしか読み込めない です。

システムのバックアップを実行することは、いつ壊れるか分からないシステムの安全性を高める上で重要な作業です。バックアップは主にデータを中心に考える必要がありますが、データの変更頻度や容量の増加、復旧までに必要となる時間などを考慮して、バックアップのスケジュールやバックアップメディアの選定をする必要があります。

テープを利用するメリットは、容量と可搬性にあります。特に可搬性は、テープメディアのメリットであり、物理的に別の倉庫などにバックアップしたテープを移動させるのであれば、テープ利用を第一に考えることになります。ただし、最近ではネットワークを経由して別のデータセンターなどに
バックアップするオンラインリモートバックアップなども活用されるようになりつつあります。

ディスクを利用するメリットは、高速性と容量にあります。ハードディスクが大容量化したことで、安価で大容量のバックアップシステムを構築できるようになりました。反面、機械的な、あるいは電子的な構造を持つことから、不可能ではありませんが可搬性は低くなります。最近ではデータ容量の大容量化と高速バックアップの必要性から、ディスクへのバックアップのみを行ったり(D2Dバックアップ)、一時的にディスクにバックアップした後、さらにテープにバックアップする方式(D2D2Tバックアップ)が取られるようになっています。

CD-Rへのバックアップは、容量が限られますが、光学式ドライブの普及から様々なハードウェアで読み取り可能なのがメリットです。また、一回しか書き込みができないため、誤って上書きしてしまわないという特性を持っています。テープメディアでも同じように一回書き込みのテープが用意されてい
る場合があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ