HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

201試験の例題と解説

206.1ソースからプログラムをmakeしてインストールする

今回は201試験の試験範囲から「206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする>
重要度 4

<説明>
ソースから実行プログラムをビルドしてインストールする。
これには、ソースファイルの展開も含まれる。

<主要な知識範囲>
・一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用して、ソースコード
  を展開する
・プログラムをコンパイルするmakeの実行について基本を理解する
・configureスクリプトにパラメーターを適用する
・デフォルトでソースがどこに格納されるかを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/
・gunzip
・gzip
・bzip2
・tar
・configure
・make
・uname
・install


■例題
configureスクリプトの役割として間違っているものを選びなさい。

1. コンパイラをインストールする
2. アーキテクチャを確認する
3. コンパイルオプションを設定する
4. Makefileを生成する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. コンパイラをインストールする です。

configureスクリプトは、ソースコードからプログラムをmakeしてインストールするために必要となるMakefileを生成する作業を行うスクリプトです。

configureスクリプトを実行すると、コンパイラをはじめとした必要となるツールがインストールされているかの確認や、使用しているCPUのアーキテクチャなどの確認を行います。

また、configureスクリプト実行時に、make時のコンパイルオプションを指定すると、その内容をMakefileに書き込む作業も行います。

このようにconfigureスクリプトがmake前に設定の最終仕上げを行うことで、コンパイルによって様々なアーキテクチャや様々な環境、様々な設定でオープンソースソフトウェアをインストールできるのです。通常のディストリビューションではパッケージ制作者が設定した内容でコンパイルが行われたバイナリが提供されますが、必要に応じてオリジナルのソースコードや、ソースパッケージからの再コンパイルを行うことで、自分の目的にあったバイナリをインストールできます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ