HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説205.1 基本的なネットワーク構成

201試験の例題と解説

205.1基本的なネットワーク構成

今回は201試験の試験範囲から「205.1 基本的なネットワーク構成」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<205.1 基本的なネットワーク構成>
重要度 3

<説明>
ネットワークデバイスを設定し、有線または無線のローカルネットワーク
と、広域ネットワークに接続する。これには、1つのネットワーク内で
さまざまなサブネットと通信することが含まれる。

<主要な知識範囲>
・Ethernetネットワークインターフェイスを設定および操作する
  ユーティリティ
・無線ネットワークを構成する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/route
・/sbin/ifconfig
・/sbin/ip
・/usr/sbin/arp
・/sbin/iwconfig


■例題
デフォルトゲートウェイの設定を確認するためのコマンドを選びなさい。

1. ifconfig
2. ping
3. route
4. traceroute

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. route です。

デフォルトゲートウェイは、ホストに1つだけ設定できます。
ホストが属しているサブネット以外への通信が必要な時、デフォルトゲートウェイに対して通信を行い、その先の通信はルーターなどのルーティングに任せます。

routeコマンドを実行すると、ホストが所持している経路情報(ルーティングテーブル)が確認できます。

○routeコマンドの実行例
# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.10.0    *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
default         192.168.10.201  0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

Destinationがdefaultになっている行がデフォルトゲートウェイの情報です。


もし、特定のサブネットへの通信だけ別のゲートウェイに送信したい場合には、routeコマンドで経路情報を追加します。

○新しい経路情報の追加例
# route add -net 192.168.1.0/24 gw 192.168.10.1
# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.1.0     192.168.10.1    255.255.255.0   UG    0      0        0 eth0
192.168.10.0    *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
default         192.168.10.201  0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

この例では、サブネット192.168.1.0/24への通信はデフォルトゲートウェイではなく、192.168.10.1に送信するように経路情報を追加しました。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ