HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.3 論理ボリュームマネージャ

201試験の例題と解説

204.3論理ボリュームマネージャ

今回は201試験の試験範囲から「204.3 論理ボリュームマネージャ」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.3 論理ボリュームマネージャ>
重要度 3

<説明>
論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除を行う。これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。

<主要な知識範囲>
・LVMスイートのツール
・論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、  名前変更、作成および削除
・スナップショットの作成と維持
・ボリュームグループの有効化

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/pv*
・/sbin/lv*
・/sbin/vg*
・tar
・mount
・/dev/mapper/


■例題
論理ボリュームマネージャの機能として正しくないものを選びなさい。

1. ディスクの内容をミラーリングする
2. 複数の物理領域を論理的に1つにまとめる
3. 領域の容量を拡張する
4. スナップショットを作成する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. ディスクの内容をミラーリングする です。

論理ボリュームマネージャ(LVM)は、物理ディスクを論理的に柔軟に扱えるようにする仕組みです。

LVMが使用できない場合、物理ディスクの取り扱いはパーティション分割による容量の調整程度しか行えず、複数のディスクをまとめて1つの領域として取り扱ったり、後から使用している領域の容量を拡張したりすることが行えません。

ミラーリングはRAIDの仕組みで、LVMよりも低いレイヤーで行われます。そのため、たとえばソフトウェアRAIDでミラーリングされているデバイスに対してLVMで論理的に領域を取り扱うこともできます。

スナップショットは、ある時点の領域の情報を保存し、バックアップなどを容易に行えるようにするための仕組みで、LVMの機能として提供されています。LVMは他にも様々な領域管理機能を取り込むための仕組みとしても活用されています。
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ