HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.1 RAIDを構成する

201試験の例題と解説

204.1RAIDを構成する

今回は201試験の試験範囲から「204.1 RAIDを構成する」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.1 RAIDを構成する>
重要度 2

<説明>
ソフトウェアRAIDの設定と実装をする。これには、RAID 0、1、5の構成も含まれる。

<主要な知識範囲>
・ソフトウェアRAIDの設定ファイルとユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・mdadm.conf
・mdadm
・/proc/mdstat
・fdisk


■例題
/proc/mdstatファイルで確認できる情報ではないものを選びなさい。

1. RAIDの種類
2. 使用しているデバイス名
3. RAIDの状態
4. RAIDデバイスの性能

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. RAIDデバイスの性能 です。

LinuxのソフトウェアRAIDはmd(Multiple Devices)と呼ばれる仕組みで実現されており、RAIDデバイスの状態は/proc/mdstatで確認できます。

○/proc/mdstatの例
# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sda1[0] sdb1[1]
2826432 blocks [2/2] [UU]


この例では、ミラーリングされているRAID 1のmd0デバイスが、デバイスsda1とsdb2の2つのデバイスで構成されていることが分かります。

また、最後に表示されている

[2/2] [UU]

が、2つのデバイスが共に有効であることを示しています。もしこの部分が

[2/1] [_U]

などとなっていると、一方のデバイスに何らかの障害が発生しているということが分かります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ