HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

201試験の例題と解説

203.3ファイルシステムを作成してオプションを構成する

今回は201試験の試験範囲から「203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する>
重要度 2

<説明>
AutoFSを使用して、ファイルシステムのオートマウント設定をする。
これには、ネットワーク上およびデバイス上のファイルシステムに対するオートマウントの設定が含まれる。また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムの作成も含まれる。

<主要な知識範囲>
・autofsの設定ファイル
・UDFおよびISO9660のツールとユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/auto.master
・/etc/auto.[dir]
・mkisofs
・dd
・mke2fs


■例題
autofsの設定で自動的にアンマウントを行わせるオプションの記述として正しいものを選びなさい。

1. --nouse
2. --timeout
3. --unmount
4. --umount

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. --timeout です。

AutoFSを使用すると、指定したディレクトリにアクセスした時に自動的に対象となるディレクトリをマウントすることができます。たとえばNFSサーバー上の共有を自動的にマウントさせることもできます。自動的にマウントされるので、逆にアンマウントさせることもできるようになっています。設定は/etc/auto.masterに--timeoutオプションで記述します。
使用されない時間が指定された秒数経過すると、その自動マウントは自動的にアンマウントされます。

たとえば、以下のように/etc/auto.masterに記述されていた場合、/misc以下の自動マウントは60秒間使用されていないと自動的にアンマウントされます。

○/etc/auto.masterの記述例
/misc    /etc/auto.misc --timeout=60

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ