HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.2 Linuxファイルシステムの保守

201試験の例題と解説

203.2Linuxファイルシステムの保守

今回は201試験の試験範囲から「203.2 Linuxファイルシステムの保守」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.2 Linuxファイルシステムの保守>
重要度 3

<説明>
システムユーティリティを使用して、Linuxファイルシステムを適切に保守する。これには、標準的なファイルシステムの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・ext2およびext3を操作するツールとユーティリティ
・reiserfs V3を操作するツールとユーティリティ
・xfsを操作するツールとユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・fsck (fsck.*)
・badblocks
・mkfs (mkfs.*)
・dumpe2fs
・debugfs、debugreiserfs
・tune2fs、reiserfstune
・mkswap


■例題
mkfsコマンドに関連する設定ファイルとして正しいものを選びなさい。

1. /etc/fstab
2. /etc/mke2fs.conf
3. /etc/mtab
4. /etc/ext2.conf

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. /etc/mke2fs.conf です。

mkfsコマンドはファイルシステムを作成するためのコマンドですが、-tオプションで様々な形式のファイルシステムを作成することができます。

Linuxでは、標準的にext2、ext3、そして最近のディストリビューションでは徐々にext4が取り入れられつつあります。ext2やext3形式のファイルシステムを作成するには、mkfsコマンドからmke2fsコマンドが呼び出されます。
mkfs.ext2やmkfs.ext3というコマンドも存在しますが、mke2fsのハードリンクとなっています。

○ハードリンクを確認する
[root@localhost ?]# ls -li /sbin/mke2fs
4595867 -rwxr-xr-x 3 root root 49624 11月 12  2010 /sbin/mke2fs
[root@localhost ?]# ls -li /sbin/mkfs.ext3
4595867 -rwxr-xr-x 3 root root 49624 11月 12  2010 /sbin/mkfs.ext3

mke2fsコマンドの各種パラメータは、/etc/mke2fs.confに記述されています。
たとえばデフォルトのブロックサイズなどは、そのファイルシステムの最大ファイルサイズなどに影響してくるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

○/etc/mke2fs.confの例
[root@localhost ?]# cat /etc/mke2fs.conf
[defaults]
    base_features = sparse_super,filetype,resize_inode,dir_index
    blocksize = 4096
    inode_ratio = 8192

[fs_types]
    small = {
        blocksize = 1024
        inode_ratio = 4096
    }
    floppy = {
        blocksize = 1024
(以下略)

これらのパラメータはmkfsコマンドの起動時オプションで変更することもできます。起動時オプションの意味についても確認しておいてください。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ