HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

102試験の例題と解説

108.3メール転送エージェント(MTA)の基本

今回は102試験の試験範囲から「108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

■例題
MTAがメール転送で使用するプロトコルとして適切なものを選びなさい。

1. HTTP
2. IMAP
3. POP
4. SMTP

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. SMTP です。

MTAの主な役割は、ホスト間での「メール転送」と、受け取ったメールを指定のユーザーのメールボックスに配送する「ローカル配送」があります。メール転送はネットワークを経由して外部のホストとの間でのやり取りになるため、メール転送用のプロトコルであるSMTPを使用します。

SMTPは、電子メールの仕組みでは2つの使い道があります。一つは上で説明したホスト間のMTA同士のメール転送、もう一つがメールクライアント(MUA)からのメール送信の要求をMTAが受け付ける部分です。

メールの送受信の順番としては、おおまかには以下のようになるでしょう。

1. MUAによるメール送信要求
↓SMTP
2. 送信側MTAによるメール転送
↓SMTP
3. 受信側MTAによるローカル配送
↓POPやIMAP
4. MUAによるメール受信

MTAは送信要求を受け付けつつ、メール転送の送信側にもなります。設定によっては、デフォルトでは外部からのSMTPを受け付けない設定になっていることがあるので、ローカルでの、つまり同一マシン上で動作しているMUAからの送信要求は受け付けても、外部からのメール転送は受け取れない、ということがあります。設定がきちんと行える事はもちろん、問題点の切り分けもできるようにしておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ