HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.2 システムのログ

102試験の例題と解説

108.2システムのログ

今回は102試験の試験範囲から「108.2 システムのログ」についての例題を解いてみます。

■例題
klogdが参照するカーネルからのメッセージを保持しているファイルを選びなさい。

1. /proc/info
2. /proc/kernelinfo
3. /proc/kmsg
4. /proc/stat

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /proc/kmsg です。

klogdはカーネルが出力するログを監視し、取得するデーモンです。カーネルのログはファイルに直接出力されるのではなく、バッファに出力されます。このバッファの内容は仮想ファイル/proc/kmsgを通してアクセスすることができます。klogdはこの/proc/kmsgを監視してログを取得し、syslogdに受け渡します。

/proc/kmsgを通してアクセスできるバッファは、リングバッファと呼ばれる循環式のバッファになっており、ある一定量が書き込まれると最初の方に書き込まれた内容は上書きされていってしまいます。klogdは逐一ログを取得しているので、正常に動作している限りはログはきちんとファイルに記録されていきます。

カーネルログは、ハードウェアやカーネルレベルでのトラブル解決時などに重要な役割を果たします。必要に応じてログを取得する必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ