HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.3 ローカライゼーションと国際化

102試験の例題と解説

107.3ローカライゼーションと国際化

今回は102試験の試験範囲から「107.3 ローカライゼーションと国際化」についての例題を解いてみます。

■例題
環境変数LANGの役割についての説明として正しくないものを選びなさい。

1. 使用する文字コードを設定する
2. 使用する言語を設定する
3. 使用する単位を設定する
4. 使用するフォントを設定する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. 使用するフォントを設定する です。

環境変数は、様々なコマンドやプログラムが参照し、その値によって動作を変更します。

環境変数LANGは、コマンドが使用する言語や文字コード、通貨や時間などの単位、時間帯などの設定を行うための環境変数です。たとえば、日本語を使用するように設定したLinuxでは、環境変数LANGは以下のように設定されています。

LANG=ja_JP.UTF-8

この設定では、日本語(ja)を使用し、日本の単位(JP)を使用し、文字コードとしてUTF-8を使用する設定になっています。この設定では、たとえばmanコマンドは日本語のマニュアルをUTF-8で出力します。

もし英語でマニュアルを出したい場合には、以下のように設定してみましょう。

$ LANG=C


使用している端末が想定している文字コードがUTF-8ではなくシフトJISや日本語EUCなどの場合、文字コードを変更する必要があります。以下のように設定します。

○日本語EUCの場合
LANG=ja_JP.eucJP

○シフトJISの場合
ja_JP.SJIS


環境変数は様々なコマンドに影響を及ぼすので、文字化けなどが起きる場合には、環境に合わせて正しく設定されているかを確認しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ