HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説106.2 ディスプレイマネージャの設定

102試験の例題と解説

106.2ディスプレイマネージャの設定

今回は102試験の試験範囲から「106.2 ディスプレイマネージャの設定」についての例題を解いてみます。

■例題
ディスプレイマネージャの説明として正しいものを選びなさい。

1. ディスプレイマネージャはユーザーにログイン画面を提供する
2. グラフィックカード毎に異なるバイナリを使用する必要がある
3. ローカル環境でのみ利用できる
4. KDEを使用する場合にはkdmを、GNOMEを使用する場合にはgdmを使用しなければならない

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. ディスプレイマネージャはユーザーにログイン画面を提供する

X Window SystemはLinux上で動作するグラフィカルなユーザーインターフェースですが、開始時にはまずユーザー認証を行う必要があります。キャラクターユーザーインターフェースならばloginプロセスがプロンプトを出したりするところですが、それに近い役割をするのがディスプレイマネージャということになります。

ディスプレイマネージャはXサーバを使って画面表示を行うので、使用しているグラフィックカード毎のドライバはXサーバ側で必要となります。

ディスプレイマネージャには、xdmのほか、KDE系のkdm、GNOME系のgdmなどがあります。kdm、gdmは必ずそれぞれの環境に合わせなければいけないわけではありませんが、細かい使い勝手などで不整合が起きることもあるようです。できればそれぞれの環境に合わせたディスプレイマネージャを使用したいところです。

ディスプレイマネージャはローカルでの利用が多いですが、ネットワークを経由した接続もサポートしています。その際に使用するのはXDMCP(X Display Manager Control Protocol)です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ