HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説105.3 SQLデータ管理

102試験の例題と解説

105.3SQLデータ管理

今回は102試験の試験範囲から「105.3 SQLデータ管理」についての例題を解いてみます。

■例題
次のSQLコマンドのうち、FROM句と組み合わせられないものを選びなさい。

1. INSERT
2. UPDATE
3. SELECT
4. DELETE

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. INSERT と 2. UPDATE です。

FROM句は検索と更新の対象となるテーブル(表)を指定しますが、INSERT文とUPDATE文はそれぞれテーブルの指定方法が異なります。

○INSERT文の基本構文
INSERT INTO 表 VALUES(値)

○UPDATE文の基本構文
UPDATE 表 SET 列=値 WHERE 条件

○SELECT文の基本構文
SELECT 列 FROM 表 WHERE 条件

○DELETE文の基本構文
DELETE FROM 表 WHERE 条件


厳密にいえば、INSERT文はSELECT文と組み合わせて、既存の表にあるデータを別の表に挿入することもできます。ただ、その場合でもやはりFROM句が絡むのはSELECT文ですので、正解からは外れます。

SQLコマンドの基本的な使用方法は、それぞれよくある使われ方がありますので、それらの定型的な使い方をしっかりと理解しておきましょう。

※SQL ServerおよびPostgreSQLでは、UPDATE文でFROM句を併用する独自の拡張が施されています。学習の際にはANSI SQL標準と各DBの独自拡張の違いについて留意して下さい。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ