HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

102試験の例題と解説

105.2簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

今回は102試験の試験範囲から「105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する」についての例題を解いてみます。

■例題
シェルスクリプトのtestコマンドでファイルの有無をチェックするオプションを選びなさい。

1. -d
2. -f
3. -x
4. -z

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. -f です。

testコマンドは引数として与えられたファイル、または文字列を、オプションで与えられた条件でチェックし、真偽を返します。

オプションは以下の通りです。

○ファイル、文字列検証の条件オプション
-d ディレクトリ
-f 通常のファイル
-e ファイルの存在
-r 読み取り可能
-w 書き込み可能
-x 実行可能
-z 文字列の長さが0
-n 文字列の長さが0よりも大きい


Linuxで使用されているシェルスクリプトを覗いてみると、色々な場所でtestコマンドが使用されているのが分かります。

○/etc/init.d/httpdからのtestコマンド -fオプション使用例

if [ -f /etc/sysconfig/httpd ]; then
        . /etc/sysconfig/httpd
fi


この例では、/etc/sysconfig/httpdの存在を確認し、もし存在していた場合にはそのファイルをsourceするようになっています。testコマンドは"["、sourceコマンドは"."で記述することも出来ます。

他によく使用されるオプションは、-dオプションでディレクトリの有無の確認があります。

testコマンドでは他にも、数値の比較、AND/OR条件などをオプションで指定することができます。

○AND/OR条件のオプション
-a AND条件
-o OR条件


各種サービスの起動シェルスクリプトという豊富なコードサンプルがありますから、まずは内部でどのような処理を実行しているのか、読んでみるとよいでしょう。

 

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ