HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説109.2 基本的なネットワーク構成

102試験の例題と解説

109.2基本的なネットワーク構成

今回は102試験の試験範囲から、「109.2 基本的なネットワーク構成」についての例題を解いてみます。

■例題
名前解決の設定に直接関係しないファイルを選びなさい。

1. /etc/hostname
2. /etc/hosts
3. /etc/resolv.conf
4. /etc/nsswitch.conf


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. /etc/hostname です。

名前解決の仕組みは、様々なネットワークサービスを支える重要な仕組みであるため、きちんとした設定が必要です。

静的な名前解決を行うには、/etc/hostsにIPアドレスと名前の記述を行います。実験的な環境や、小規模な環境であれば/etc/hostsのみで運用することは可能でしょう。

より大規模な環境や、一般的なインターネットサーバーを構築するのであれば、DNSを使った名前解決の仕組みを用意するのは必須事項です。/etc/resolv.confは、そのホストが参照するDNSなど重要な設定が必要となるので、名前解決が正しく動作しない場合にまず最初に確認したい設定ファイルです。

/etc/nsswitch.confは、/etc/hostsや/etc/resolv.confに設定した名前解決の仕組みの優先順位を設定します。

○/etc/nsswitch.confの設定例
hosts:      files dns

この設定では、まず/etc/hostsを参照し、その後DNSを参照するように設定されています。先に名前解決が行えた方を優先的に利用することになりますから、実際にはDNS問い合わせは行っていませんが静的な名前解決で動的な名前解決を上書きすることができます。

/etc/hostnameは、システム起動時に読み込まれてそのホストのホスト名を設定します。直接、名前解決には影響しない設定ファイルです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ