HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.2 システムのログ

102試験の例題と解説

108.2システムのログ

今回は102試験の試験範囲から、「108.2 システムのログ」についての例題を解いてみます。

■例題
syslogに設定する優先度指定で、警告にあたるものを選びなさい。

1. info
2. crit
3. alert
4. warn

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. warn です。

syslogは、さまざまなプロセスからのログ出力を受け取りログファイルに記録できますが、各ログの種類をファシリティと優先度で分類して、それぞれに対してアクションを設定できます。

ファシリティは、メールや認証、カーネルなど、そのログを出力したものによって変わるようになっており、優先度はログを発生させた原因によって変わります。優先度は以下のようになります。

debug  デバッグに関する情報
info   一般的な情報
notice 通知
warn   警告
err    一般的なエラー
crit   致命的なエラー
alert  即座に対処が必要なエラー
emerg  システム利用不可

たとえば、あるsyslog.confには、以下のような設定がされています。


○syslog.confの例
authpriv.*                        /var/log/secure
mail.*                            -/var/log/maillog
cron.*                            /var/log/cron
*.emerg                            *

これは、認証、メール、cron関係のログをログファイルに記録し、emergのログはすべてのユーザーに通知するように設定しています。優先度はemergしか使用されていないので、必要に応じてエラーが発生した場合の処理を設定するとよいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ