HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.1 システム時刻を維持する

102試験の例題と解説

108.1システム時刻を維持する

今回は102試験の試験範囲から、「108.1 システム時刻を維持する」についての例題を解いてみます。

■例題
システム時刻を正しく維持するための操作として間違っているものを選びなさい。

  1. pool.ntp.orgサービスから利用可能なNTPサーバーの情報を得る
  2. ntpdateコマンドでNTPサーバーを参照する
  3. 正しいタイムゾーンを設定する
  4. dateコマンドを定期的に実行する
  5. ntpdでLAN内でNTPサーバーを実行する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. dateコマンドを定期的に実行する

dateコマンドは、システム時刻を参照するコマンドですので、定期的に実行しても正しい時刻の維持にはつながりません。

pool.ntp.orgは、公開NTPサーバーが多数登録されているサービスです。
参照することで、利用可能な NTPサーバーを教えてもらう事ができます。NTPサーバーが分かったら、ntpdateコマンドで参照して時刻を合わせます。

LAN内にマシンが多数ある場合、すべてのマシンが外部のNTPサーバーを参照するのは、ネットワーク負荷やNTPサー バーの負荷を考えると好ましくありません。LAN内に1台、NTPサーバーを実行しておき、このNTPサーバーの時刻を正しく維持して、その他のマシンは ローカルのNTPサーバーを参照して時刻合わせをするようにしておくべきでしょう。いくつかのサービスでは、LAN内の時刻のずれが少なくないと動作しな い場合がありますので、ネットワーク設計時に時刻設定についても考慮しておくべきでしょう。

時刻は、国や地域によって時差があるので、タイムゾーンを設定してローカルの時刻に合うように補正します。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ