HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

102試験の例題と解説

107.1ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

今回は102試験の試験範囲から、「107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
chageコマンドの説明として正しいものを選びなさい。

  1. 一般ユーザーもchageコマンドで自分のパスワードの有効期間を設定できる
  2. 有効期間は日時で指定しなければならない
  3. chageコマンドはpasswdファイルに情報を記録して動作する
  4. 有効期間から一定期間後、アカウントがロックされ使用不可になる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. 有効期間から一定期間後、アカウントがロックされ使用不可になる です。

chageコマンドは、ユーザアカウントに設定したパスワードに有効期間を設定するコマンドです。設定はshadowファイルに記述されるので、shadowパスワードが利用可能である必要があります。

有効期間の設定は、rootユーザのみが行え、一般ユーザは自分のパスワードの有効期間を確認することしかできません。

chageコマンドでは、まずパスワードの有効期間が迫っていることを警告するよう設定できます(-Wオプション)。さらに有効期間が過ぎた後、何日経つとアカウントがロックされて使用できなくなるかも指定できます。

つまり

警告

有効期間(要パスワード変更)

アカウントロック(有効にするには管理者権限が必要)

という流れになります。
アカウントロックの機能を無効にすることもできます。

パスワード変更をユーザに行わせるのはセキュリティ対策の基本ともいえるので、様々な方法が用意されています。適切な手段でパスワードを定期的に変更させる必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ