HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

102試験の例題と解説

107.1ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

今回は、102試験の出題範囲から「107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
ユーザーアカウントuserを一時的に停止したい。適切なコマンドを選びなさい。

  1. usermod -e user
  2. usermod -f user
  3. usermod -u user
  4. usermod -L user
  5. usermod -U user

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. usermod -L user です。

Linuxのユーザーアカウントの情報は、/etc/passwdや/etc/shadowなどのファイルに記録されます。このアカウントを削除するのではなく、一時的に停止して使用できないようにしたい場合があります。このような時にはusermodコマンドに-Lオプションをつけて実行すると、そのユーザーアカウントのパスワード情報に「!」を付加して使用できないようにします。

○例:ユーザーアカウント停止前と後の/etc/shadow
# tail -1 /etc/shadow
test:$1$85ceWf0s$vXTaO4xQg2x/jJtIg9/wO0:14229:0:99999:7:::

# usermod -L test

# tail -1 /etc/shadow
test:!$1$85ceWf0s$vXTaO4xQg2x/jJtIg9/wO0:14229:0:99999:7:::

このように、パスワード情報が変更されているのが分かります。

usermodコマンドは、-eオプションや-fオプションで、一定期間後にユーザーアカウントが使用できなくなるように設定することもできます。アカウント管理にはこれらの機能を使うこともあるでしょうから、よく確認しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ