HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

102試験の例題と解説

108.3メール転送エージェント(MTA)の基本

今回は、102試験の出題範囲から「108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

■例題
MTAの役割として、間違っているものを選びなさい。

  1. ホスト間で電子メールの転送を行う
  2. ローカルユーザー宛のメールをメールボックスに配送する
  3. POPやIMAPをサポートしたクライアントにメールを転送する
  4. メールクライアントからのメール送信を受け付ける

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. POPやIMAPをサポートしたクライアントにメールを転送する です。

MTAにはsendmailやPostfixなどがありますが、基本的な役割は同じです。

最も重要な役割は、ホスト間でSMTP通信を行い、メールのやり取りを行うことです。これを「転送」と呼びます。
転送先は、メールアドレスから@以下の情報を読み取り、そのホストに対して転送を行うか、ドメイン名だった場合にはDNSからMXレコードを受け取って転送先ホストを特定します。

メールクライアントからのメール送信を受け付けるのも、重要な役割です。
この場合もクライアントからMTAに対してSMTPを使って通信を行っています。

一方、メール転送で自分宛のメールを受け取ったホストは、さらにメールアドレスからユーザー名を特定し、そのユーザーのメールボックスにメールを配送します。この動作は受け取ったホスト内で行われることから「ローカル配送」と呼ばれて、ホスト間の転送とは区別されます。

配送を行うメールボックスは、MTAの設定などによりmbox形式とMaildir形式のいずれかになります。

メールクライアントがメールの受信を行うPOPやIMAPは、ローカル配送が行われた後の処理になります。これらのプロトコルをサポートするサーバーは、MTAとは別に用意する必要があります。

MTAの動作は、MTAそのものの設定などだけでなく、SMTPの仕組みはメールシステム全体の仕組みについての理解も欠かせません。しっかりと原理を理解しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ