HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

102試験の例題と解説

105.2簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

今回は102試験の試験範囲から、「105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する」についての例題を解いてみます。

■例題
シェルスクリプトで対話的に入力を受け付ける時に使用するコマンドを選びなさい。

  1. input
  2. key
  3. read
  4. what

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. read です。

readコマンドは、引数に与えられたシェル変数に、標準入力からの値を格納します。

○readコマンドの動作例
$ read test ← シェル変数testへの入力を要求
LPIC ←入力
$ echo $test ← シェル変数testの値を表示
LPIC

readコマンドをシェルスクリプトの中で使用すれば、シェル変数の値を動的に設定することができます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ