HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.2 ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化

102試験の例題と解説

107.2ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化

今回は102試験の試験範囲から、「107.2 ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化」についての例題を解いてみます。

■例題
cronを使って、毎週金曜日の21時にある処理jobを実行したい時のcrontabへの記述として適切なものを選びなさい。

  1. 0 21 0 0 5 job
  2. 0 21 * * 5 job
  3. 0 21 0 0 */5 job
  4. 0 21 * * */5 job

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 0 21 * * 5 job です。

crontabの記述方法は、以下のようになっています。

□crontabの記述方法
分 時 日 月 曜日 実行するコマンド

○指定できる値
分 0-59
時 0-23
日 1-31
月 1-12
曜日 0-7(0と7が日曜)

○特殊な指定方法
* すべての時間
値/数値 値を数値で割った時間毎
値,値 複数の値を指定

毎週金曜日を指定するには、月日は特定することができないので、すべてを表す*で記述します。

曜日は、0と7が日曜日なので、以下のようになります。

0 日曜日
1 月曜日
2 火曜日
3 水曜日
4 木曜日
5 金曜日
6 土曜日
7 日曜日

/で記述する割り算での記述や、カンマ区切りの記述方法なども、しっかりと押さえておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ