HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.3 ローカライゼーションと国際化

102試験の例題と解説

107.3ローカライゼーションと国際化

今回は102試験の試験範囲から、「107.3 ローカライゼーションと国際化」についての例題を解いてみます。

■例題
環境変数LANGの設定として正しいものを選びなさい。

  1. export LANG=ja_JP.UTF-8
  2. export LANG=japanese_JAPAN.UTF-8
  3. export LANG=UTF-8.JAPAN_japanese
  4. export LANG=JP_ja.UTF-8

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. export LANG=ja_JP.UTF-8 です。

Linux上で動作する様々なプログラムは、日本語や英語など各種言語や、各国の時間や通貨の表記に対応する仕組みを持っています。そのような対応に関する設定を「ロケールの設定」と呼びます。つまり、ロケールを切り替えることで、1つのプログラムを様々な国の人が共通に利用可能なわけです。

たとえば例題のように、日本語対応させるためには環境変数LANGに「ja_JP.UTF-8」と設定することで、日本語、日本表記、UTF-8を文字コードとすることが設定されます。環境変数ですから、様々なプログラムがLANGの値を参照して動作を切り替えます。
manコマンドで参照するマニュアルなどを英語表記にするには環境変数LANGの値を「C」に設定するなどができます。

ロケールの切り替えに関わる環境変数としては他にLC_ALLやLC_TIMEなどがあります。以下のページの情報がとても良くまとまっているので、参考にしてみて下さい。

○Gentoo Linux ローカライズガイド
http://www.gentoo.org/doc/ja/guide-localization.xml?style=printable

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ