HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理

102試験の例題と解説

107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理>
重要度 5

<説明>
ユーザアカウントの追加、削除、一時停止、変更ができる。

<主要な知識範囲>
・ユーザおよびグループを追加、変更、削除する
・パスワード/グループデータベースにあるユーザ/グループ情報を管理する
・特別な目的を持つ制限付きのアカウントを作成、管理する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/passwd
・/etc/shadow
・/etc/group
・/etc/skel/
・chage
・getent
・groupadd
・groupdel
・groupmod
・passwd
・useradd
・userdel
・usermod


■例題
新規のユーザアカウント「linuc」を作成する際に、プライマリグループ「lpi」への所属を指定する場合の正しいコマンドを選択してください。

1. useradd -G lpi linuc
2. useradd -g lpi -u linuc
3. useradd -g lpi linuc
4. usermod -G lpi linuc

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 3. useradd -g lpi linuc」です。

ユーザアカウントを新規作成するには、useraddコマンドを使います。
usermodコマンドは、既存のユーザアカウントを変更する際のコマンドなので、「4. usermod -G lpi linuc」は誤りです。

useraddコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-u [UID] … ユーザIDを指定します
-d [ディレクトリパス] … ホームディレクトリを指定します
-g [グループ名/GID] … プライマリグループを指定します
-G [グループ名/GID] … プライマリグループ以外にユーザアカウントが所属するグループを指定します
-s [ログインシェル] … ログインシェルを指定します

-Gオプションはプライマリグループ以外の所属グループを指定する際のオプションなので、「1. useradd -G lpi linuc」は誤りです。
-uオプションはユーザIDを指定する際のオプションなので、「2. useradd -g lpi -u linuc」は使い方が誤っています。


■例題作成者
株式会社デージーネット 管理部技術管理課 森久恵
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ