HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.2 システムのログ

102試験の例題と解説

108.2システムのログ

今回は、102試験の出題範囲から「108.2 システムのログ」についての例題を解いてみます。

■例題

syslogの出力をネットワーク上のリモートのsyslogサーバーで記録したい。
syslog.confへの記述として適切なものを選びなさい。

  1. #ホスト名
  2. >ホスト名
  3. @ホスト名
  4. |ホスト名
  5. ホスト名

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. @ホスト名 です。

syslogは、設定ファイルsyslog.confへの記述によって、ログの記録先が変更できます。

syslogは複数のホストからのログを一元的に記録する仕組みを持っており、記述には@ホスト名と記述します。ホスト名の指定は、名前可決可能な名前か、IPアドレスになります。指定されたホストでは、ログ情報を受付可能な状態のsyslogを動かしておく必要があります。

○例)カーネルのメッセージをすべてホストsysloghostに送信
kern.*          @sysloghost

注意すべき点としては、ログ情報の送信をUDPで行います。TCPと異なり、UDPは送信エラーのリカバリーは行いませんので、大量のログ情報を正確に記録したい場合には、ログ情報のネットワーク流量やディスクへのログ記録速度なども考慮する必要があります。

ポート番号は514番を使用していますので、通信可能なように設定しておく必要があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ