HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説109.1 インターネットプロトコルの基礎

102試験の例題と解説

109.1 インターネットプロトコルの基礎

今回はLPIC102試験の試験範囲から、「109.1 インターネットプロトコルの基礎」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<109.1 インターネットプロトコルの基礎>
重要度 4

<説明>
TCP/IPネットワークの基礎を適切に理解していることを示す。

<主要な知識範囲>
・ネットワークマスクとCIDR表記法について理解していることを示す
・プライベートとパブリックのドット区切り形式のIPアドレスの違いを知っている
・一般的なTCPおよびUDPのポート (20, 21, 22, 23, 25, 53, 80, 110, 123, 139, 143, 161, 162, 389, 443, 465, 514, 636, 993, 995)について知っている
・UDP、TCP、およびICMPの違いや主な機能について知っている
・IPv4とIPV6の主な違いについて知っている
・IPV6の基本的な機能について知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
 /etc/services
 IPv4, IPv6
 サブネット化
 TCP, UDP, ICMP


■例題

 一般的なTCPおよびUDPのポート(well-known port)の説明として誤っているものを選択してください。

1、110はPOP3のポートとして利用される
2、22はSMTPのポートとして利用される
3、80はHTTPのポートして利用される
4、143はIMAP4のポートとして利用される

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. 22はSMTPのポートとして利用される」です。

ネットワークの通信には、サービスやプロトコル毎にポートを使って通信を行います。
よく利用されるポートをwell-known portと呼びます。

主なwell-known portは以下の通りです。

20  …  FTP(データ)
21  …  FTP(コントロール)
22  …  SSH
23  …  TELNET
25  …  SMTP
53  …  DNS
80  …  HTTP
110 …  POP3
123 …  NTP
143 …  IMAP2/4
161 …  SNMP
389 …  LDAP
443 …  HTTPS
465 …  SMTPS
514 …  SYSLOG
636 …  LDAPS
993 …  IMAPS
995 …  POP3S


上記の通り、SMTPは25番ポートなので「2. 22はSMTPのポートとして利用される」は誤った説明となります。
well-known portは、通信の確認やファイアウォールの設定など、様々なところで使う必要があります。
すぐに思い出せるように記憶しておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ