HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説109.4 クライアント側のDNS設定

102試験の例題と解説

109.4 クライアント側のDNS設定

今回は102試験の試験範囲から、「109.4 クライアント側のDNS設定」についての例題を解いてみます。

■例題

LinuxシステムにおけるDNSレゾルバの設定の説明として誤ったものを選択してください。

1. DNSレゾルバの設定ファイルは「/etc/resolv.conf」である
2. DNSサーバを指定する設定項目は「nameserver」である
3. 設定項目「domain」は、複数のドメインを指定できる
4. 設定項目「search」は、複数のドメインを指定できる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. 設定項目「domain」は、複数のドメインを指定できる」です。

DNSレゾルバは、LinuxシステムがDNSの名前解決をするための機能です。
設定ファイルは「/etc/resolv.conf」です。

代表的な設定例は以下のとおりです。

[resolv.conf設定例]
------------------------------------------------
nameserver 192.168.1.10
nameserver 192.168.1.11
domain example.com
search example.co.jp example.net
------------------------------------------------

それぞれの設定項目の解説は以下の通りです。

[nameserver]
DNSレゾルバが問い合わせを行うDNSサーバのIPアドレスを指定する項目です。
現状ではnameserverの設定を最大3個まで指定できます。
複数指定した場合、設定ファイルの最初に設定されたDNSサーバから順に、名前解決の問い合わせが行われます。

[domain]
FQDN(完全修飾ドメイン名)を利用せずに名前解決を行うための項目です。
この項目に設定できるドメインは1つです。
上記のようにdomainが設定されている場合に、testというホスト名を解決した場合、以下のような動きになります。

- test.example.comのIPアドレスを検索
- 見つからなければtestのIPアドレスを検索
- 検索できなければエラー

[search]
domainと似ていますが、こちらもFQDN(完全修飾ドメイン名)を利用せずに名前解決を行うための項目です。この項目には、複数のドメインを設定できます。

上記のようにsearchが設定されている場合に、testというホスト名を解決した場合、以下のような動きになります。

- test.example.co.jpのIPアドレスを検索
- 検索できなければtest.example.netのIPアドレスを検索
- 見つからなければtestのIPアドレスを検索
- IPアドレスが検索できなければエラー


DNSレゾルバの設定は、システムの基本的な設定のひとつです。
設定方法が曖昧な場合は、確認しておきましょう。

◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ