HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.2 システムのログ

102試験の例題と解説

108.2 システムのログ

今回は、102試験の試験範囲から「108.2 システムのログ」についての例題を解いてみます。

■例題
syslogデーモンの説明として正しいものを選びなさい。

1.1つの出力先に指定できるファシリティは1つのみである
2. syslogでは他ホストへログを転送する設定はできない
3.ファシリティにkernelを指定することで、カーネルのログを出力することができる
4.プライオリティは、*を記述することでプライオリティに関してすべてのログを出力することができる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4.プライオリティは、*を記述することでプライオリティに関してすべてのログを出力することができる」です。

プライオリティに、*を記述することでプライオリティに関してすべてのログを出力することができます。
プライオリティは適切な設定を行わないと、大量のログが出力されるので注意が必要です。

ファシリティは、組み合わせて指定することも可能です。
そのため、「1.1つの出力先に指定できるファシリティは1つのみである」は誤りです。
カーネルのログを出力するには、ファシリティにkernを指定する必要があります。
「3.ファシリティにkernelを指定することで、カーネルのログを出力することができる」も誤りとなります。

また、ログをローカルだけではなく、他ホストへ転送することも可能です。
他ホストへログを転送するには、UDPプロトコルを使用する場合は、アクションに"@ホスト名"を、
TCPプロトコルを使用する場合は、アクションに"@@ホスト名"を記載します。
そのため、「2. syslogでは他ホストへログを転送する設定はできない」は誤りです。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ