HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説109.4 クライアント側のDNS設定

102試験の例題と解説

109.4クライアント側のDNS設定

今回は、102試験の出題範囲から「109.4 クライアント側のDNS設定」についての例題を解いてみます。

■例題
ホスト名の名前解決をDNSで行うように設定を記述ファイルとして正しいものを選びなさい。

1. /etc/hosts
2. /etc/resolv.conf
3. /etc/nsswitch.conf
4. /etc/named.conf


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /etc/nsswitch.conf です。

ホスト名からIPアドレスを導き出す名前解決を行うには、/etc/hostsへの記述、DNSやNISといったサービスを利用する方法などがあります。
名前解決にどの方法を利用するかの記述は、/etc/nsswitch.confに記述しておきます。

たとえば、名前解決に/etc/hostsとDNSを使う場合には、nsswitch.confに以下のように記述しておきます。

hosts: files dns

この場合には、まず/etc/hostsを参照し、適切な名前が見つからなかった時にはDNSに名前解決を依頼します。

DNSによる名前解決の詳細設定は、/etc/resolv.confに記述しておきます。
実際に問い合わせを行うサーバのアドレスや、ドメイン名が省略された場合に名前を補完するためのデフォルトドメイン名などを記述しておくことで、DNSに対する名前解決が行えます。

/etc/named.confは、DNSサーバ(named)の設定ファイルです。ローカルキャッシュをDNSに行わせたいような場合には設定が必要ですが、名前解決を行うための必須ファイルではありません。

DNSについては、サーバだけでなく、クライアントとしての動作についてもしっかりと理解し、関係する設定ファイルをきちんとおさえておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ