HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

102試験の例題と解説

108.3メール転送エージェント(MTA)の基本

今回は、102試験の出題範囲から「108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

■例題
メールのエイリアスを設定した。設定を有効にするために実行するコマンドとして正しいものを選びなさい。

1. makealiases
2. addaliases
3. newaliases
4. setaliases
5. enablealiases

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. newaliases です。

MTAのエイリアス(アドレス別名)は、/etc/mail/aliasesファイルに記述されます。

□aliasesファイルの書式
エイリアス名: 実際に受信するメールアドレス

ただ、エイリアスは実際には/etc/mail/aliases.dbファイルが参照されるので、aliasesファイルを更新した後は、newaliasesコマンドを実行して新しいaliases.dbファイルを生成しなくてはいけません。

aliases.dbは、Berkley DBと呼ばれるデータベースのデータ形式のファイルでMTAが読み込んですぐに使用できる形式にあらかじめ変換しておく必要があるということになっています。
この変換作業を行わないと、MTAはいつまでも古いエイリアス情報に基づいてメールの配送を行うので、注意が必要です。

メールエイリアスは、たとえば管理者宛のメールを管理者個人のメールアドレスに転送したり、メーリングリストを動作させるときに使用する重要な仕組みです。
メールサーバ構築の手順と合わせて、基本作業として設定が行えるようにしておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ